最近の新吉宗

鳴り物入りでデビューを果たした「新吉宗」ですが
ここにきて、稼動も落ち着いてきているようですね。
私も「何回か」(←意味深)打っていますが、どうでしょうか?

以前の吉宗ファンを呼び戻す機種・・・ とまではいかないまでも
あの頃の感動を多少なりとも、思い出させてくれるでしょうか?

個人的には、正直疑問ですね。

初代吉宗の感覚に近いのは、どちらかといえば
アリストクラートの「哲也」「マッハ」の方だと思いますが
どうでしょうか?

新吉宗、正直言って大ヒットと言えるほどの設置は
見られていないような気がします、演出面などは
格段に進歩しており、キチンと作られているのはわかるのですが
やはり、何か物足りなさを感じてしまいます。
もちろん出玉面で物足りないのは、あたりまえの話ですが
ゲーム性に関して優等生過ぎるというか・・・

例えば、爺ビッグ。
ビッグ中に「キーン」でRTではなく、ボーナス後はもれなく
RTを付けて、RT中を以前の爺ビッグのような演出にし、
「キーン!」で実質1G連というほうがよかったのでは?
獲得枚数を控えめにし、ボーナス確率を高めれば
いたるところで「キーン、キーン」鳴って1G連、という光景が
繰り広げられたのではないかと思うと、とても残念ですね。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。